運動習慣応援キャンペーン詳しくはこちら

お腹が空いて眠れない夜に

寝る前になって「お腹空いてきた」ってあるあるですよね。
帰りが遅くなって「家に着いたらもう寝る時間」なんてことも!

寝る前に食べるのは、消化に悪いし、太りそう!と抵抗ありますよね。

でも空腹感で眠れない!
そんな食べずにはいられないときは、以下のことに気をつけてみましょう!


〇『冷たいものより温かいもの』

温かいものは、満腹感を得やすくリラックス効果も期待できます。
温かいものを食べたあとは体温が上がり、その後身体が体温を下げようとします。
このタイミングで眠くなり、入眠しやすくなります。


〇『低カロリーで消化の良いもの』

夜食で太らないためには、カロリーの低い食事が必須です。
どうしても食べたいときは、少量の白米やうどんがおすすめです。
炭水化物は糖質が高いので夜食には向かないように感じますが、
少量なら血糖値が安定し空腹感が落ち着いて眠れるようになります。


温かい・低カロリー・炭水化物・満腹感 ということで
『おかゆ』がおすすめです!
でもおかゆのお供に「揚げ物」はNGですよ~!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる